フィギュアスケート樋口新葉が親友・池江璃花子から刺激「オンとオフの切り替えすごい」

2018年9月13日12時41分  スポーツ報知
  • リラックスした表情を見せた樋口新葉

 フィギュアスケート女子で18年世界選手権銀メダルの樋口新葉(17)=東京・開智日本橋学園高=が13日、都内で練習を公開した。今季のショートプログラム「エナージア」、フリーは8月に出場した関東サマートロフィー後、「愛の賛歌」から「四季」に変更したことを明かした。この日は、終盤に3回転ルッツを入念に滑り込んだ。

 8月のジャカルタ・アジア大会では同じ年の池江璃花子(18)=ルネサンス=が競泳で日本人最多の6冠を達成。親友の大活躍に「朝起きたら(TVを見て)、毎日金メダルだったので、すごいな~と思った。試合の1、2時間前に連絡が来たりもして、『え?今、来るの?(笑い)』って驚いたけど、オンとオフの切り替えがすごいちゃんとできているんだなと思った」。進化を続ける池江から学ぶことも多く「(池江は)結果に満足せず、記録を更新している。自分も満足しないで、もっと練習したい」と話した。

 次戦は、五輪2連覇中の羽生結弦(23)=ANA=らも出場する20日開幕のオータムクラシック(カナダ・オークビルとなる。

冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)