イイね宇野昌磨 練習で4回転ジャンプすべて着氷 フィギュアスケートNHK杯

2018年11月9日12時7分  スポーツ報知
  • 好調を持続している宇野昌磨

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯は9日、広島県立総合体育館で開幕する。同日の午前中に男子の公式練習が行われ、18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は、SP「天国への階段」の曲かけではジャンプは跳ばず、スピンやステップ、振り付けの確認のみ行った。練習時間内には3本の4回転ジャンプに挑戦し、全て着氷させる好調ぶりを見せた。

 「男の色気」をテーマにプログラムを作り上げてきた佐藤洸彬(22)=南部美人=はSPの曲かけで、冒頭の4回転ジャンプで転倒するも、力強いステップを披露。山本草太(18)=中京大=は、3回転ルッツ―トウループの連続ジャンプなどを確認。終盤にはトリプルアクセル(3回転半)も着氷した。

 男子は19時05分から行われ、宇野は11番、佐藤は2番、山本は3番目に滑る。

冬スポ
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)