羽生の診断は3週間の安静 ファイナルと全日本は「厳しいと思う」松葉杖で会見場

2018年11月17日22時8分  スポーツ報知
  • 松葉杖で会見場を後にした羽生
  • 演技後にフラワーキッズから花などを受け取る羽生(ロイター)

 ◆フィギュアスケート GPシリーズ第5戦ロシア杯 最終日(17日)

 男子フリーはSPで世界最高得点を記録した羽生結弦(23)=ANA=が167・89点、合計278・42点で優勝した。第3戦フィンランド大会に続く連勝。日本男子最多のGP10勝目をあげた。

 公式練習中に4回転ループで転倒し右足首を負傷した。医師の診断は「3週間の安静」だったが、構成の難易度を落として強行出場。GPファイナルと全日本選手権については「厳しいと思う」と口にした。

 会見場には松葉杖で現れた。「公式練習の時に足をひねってしまって。去年ほどのけがではないが、痛い状況です。構成を変えることで何とか試合に出られたが、いい演技をできなくて残念です。ロシアの地で完成したフリープログラムをしたかった。残念。でもこの状況である程度がんばることはできたと思う」と話した。

冬スポ
注目トピック