紀平梨花がアイスショーで初滑り 紫の衣装で風格たっぷりに熱演

2019年1月5日21時1分  スポーツ報知
  • アイスショーに出演し、観客にあいさつする紀平梨花

 ◆名古屋フィギュアスケートフェスティバル(5日、愛知・日本ガイシアリーナ)

 女子で18年GPファイナル優勝の紀平梨花(関大KFSC)は、アラン・ウォーカーの「フェイデッド」を滑った。2回転半ジャンプ(ダブルアクセル)などを着氷。紫の衣装をまとって情感たっぷりに演じ、会場の喝采を浴びた。

 シニア1年目で日本勢初のGPシリーズ連勝、GPファイナル優勝と、歴史を塗り替えてきた16歳。今年3月には自国開催の世界選手権(さいたま)に初出場する。「シーズン後半も笑顔で終われるように努力して頑張ります」と今後も躍進を続ける。

冬スポ
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ