【ディズニー報知】TDL35周年の目玉企画、ナイトタイムスペクタキュラー先行公開

2018年7月9日21時45分  スポーツ報知
  • 映像と光の演出で彩られたシンデレラ城(カメラ・清水 武)

 4月から展開されている「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」の最大の目玉企画と言われる東京ディズニーランド(TDL)のシンデレラ城での新しい夜のエンターテインメント、ナイトタイムスペクタキュラー「Celebrate! Tokyo Disneyland」が10日にスタートするのに先立ち、プレスプレビューが9日、開催され、先行公開された。

 シンデレラ城のバルコニーにオーケストラの指揮者となったミッキーマウスが登場し、夢と魔法の王国をめぐる楽しい音楽の旅を指揮。魔法の楽譜を開いて指揮棒を振ると、シンデレラ城は魔法にかかり、ミッキーは音楽に導かれるように魔法の世界に引き込まれTDLをめぐる旅が始まる。

 これまでのようなシンデレラ城に映像が映し出されるキャッスルプロジェクションだけではなく、色鮮やかな噴水や華やかなパイロ(花火)、迫力ある炎に加え、夜空いっぱいに広がるレーザーやサーチライトなどの光の演出、さらにプラザの木に装飾したイルミネーションなどにより、シンデレラ城を中心としたプラザ全体を舞台に、複合的な華やかな空間が演出される。

 「カリブの海賊」を舞台に繰り広げられる海賊たちの戦いや、「ビッグサンダー・マウンテン」が鉱山を疾走するシーン、ファンタジーランドのプリンセスたちがワルツを踊るロマンティックなシーンのほか、トゥモローランド「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」の宇宙を旅するシーンなど、世界観の異なるTDLのさまざまなエリアがアニメで登場する。

 そして、35周年ロゴが映し出され、パイロや光の演出などで音楽の旅はフィナーレ。ミッキーは「ここは夢があふれる最高の幸せな場所さ」と言って締める。公演時間は約20分。キャラクターやアトラクションなど、めまぐるしく登場する。終了時期は未定だというが、来年3月までの35周年記念のイベントなので、何度も見ていろんな発見をするのがハピエストだろう。(酒井 隆之)

 ◆メモ 東京ディズニーリゾート(TDR)はJR京葉線・武蔵野線「舞浜」駅下車すぐ。詳細はオフィシャルウェブサイト(http://www.tokyodisneyresort.jp/)で。

ディズニー
社会
今日のスポーツ報知(東京版)