羽生竜王、100期お預け 将棋8大タイトル複数所持者消えた

2018年7月18日6時0分  スポーツ報知
  • 羽生善治竜王(右)を破り、新棋聖となった豊島将之八段(カメラ・佐々木 清勝)

 群雄割拠の戦国時代へ―。将棋の第89期棋聖戦5番勝負の最終局が17日、東京都千代田区の都市センターホテルで行われ、挑戦者の豊島将之八段(28)が後手番の108手で羽生善治棋聖(47)=竜王=に勝ち、対戦成績3勝2敗として初タイトルの棋聖を獲得した。羽生のタイトル通算100期獲得はお預けになり、1987年度以来、31年ぶりに全タイトルが1棋士1冠ずつに分配される構図になった。

 終局後の対局室には、新時代の到来を告げる光景が広がった。屈辱を押し殺す羽生の目の前で、豊島は淡々と勝利の感想を語り始めた。「実感はないですけど、ずっと目標にしてやってきたので良かったと思います」。悲願の初タイトルでも、クールに振る舞うのが新棋聖のスタイルだった。

 前人未到のタイトル通算100期が懸かっていた羽生は、詰めかけた大勢の報道陣の前で「また次の機会を目指してやっていけたらと思います」と力なく言い残すしかなかった。

 新棋聖の誕生により、将棋界の8大タイトルは8人の棋士が分け合う構図になった。1987年10~11月に7つのタイトルで7人のタイトルホルダーが乱立して以来の複数冠保持者ゼロの時代に突入した。30歳以下が8人中5人、過去1年間で初タイトルを獲得した例が4人。時代は変わり始めている。

 豊島は冷静に現況を見つめる。「強い方がたくさん出てきて、力も拮抗(きっこう)している。将棋が新しくなっている。(コンピューターの)ソフトの影響もありますし、新しい価値観が出て、経験が生きにくくなったことで若い人が活躍しているのかな、と思います」。同郷の後輩である藤井聡太七段(15)にも脅威を感じている。「藤井さんは今でも強いし、伸びしろもある。これから戦っていくのはかなり大変になると思います」

 菅井竜也王位(26)に挑戦中の王位戦7番勝負(現在0勝1敗)も含めると6度目のタイトル戦で悲願の初戴冠となった。新王位になれば、一気に棋界唯一の2冠保持者になる。「1敗していて巻き返しは相当厳しいですが、気を引き締めて頑張りたい」

 80年代後半、群雄割拠の時代を抜け出し、90~00年代に頂点に君臨したのが羽生だった。次なる覇者は誰か。豊島が最右翼にいる1人であることは間違いない。(北野 新太)

 ◆豊島 将之(とよしま・まさゆき)1990年4月30日、愛知県一宮市生まれ。28歳。棋聖3期の桐山清澄九段門下。4歳で将棋を始める。9歳で棋士養成機関「奨励会」入会。中学2年4月時の三段昇段は藤井聡太七段に抜かれるまで最速。16歳で四段昇段。居飛車、振り飛車を指しこなすオールラウンドプレーヤー。順位戦A級、竜王戦1組に在籍。趣味はバドミントン、読書。阪神ファン。

社会
注目トピック