小倉智昭氏、自民党総裁選を終え「進次郎さんのポストがどうなるか」

2018年9月21日9時46分  スポーツ報知
  • 小倉智昭キャスター

 21日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で安倍晋三首相(63)が石破茂元幹事長(61)を破った自民党総裁選を報じた。

 番組では、小泉進次郎筆頭副幹事長(37)が石破氏に投票したことに注目。小泉氏は、事前に支持候補を明言せず投票直前に石破氏支持を表明したことに「仮に私がもっと早く表明していたら、私の望む形にならなかったと思います。表明しなかったからこそ2人だけの違いとか論争に注目が集まったのではないかと思います」と反論した。

 これに小倉智昭キャスター(71)が「確かに進次郎さんがおっしゃるように、もっと早く自分の意志を表していたら流れが変わるって言うことはあったかもわからないですね」と示した。さらに今後の人事について「石破さんに要職に就く気があるのか。あるいは安倍さんがそういう席を作る気があるのか。この辺、非常に微妙ですよね、今後のことを考えれば」と指摘し「進次郎さんのポストがどうなるか」とコメントしていた。

 その上で小倉氏は「確かに目先の人事に興味があるんですが、ボクは一番考えるのは、来年の11月に桂太郎さんの在任期間を超えて憲政史上最長期の総理大臣になるわけですね。ということは、いずれ教科書にも載るでしょう。政治や社会の教科書に。その時に安倍総理大臣という人が何をしてきたのかっていうことが教科書に当然書かれると思うんですけど、何が書かれますかね」と持論を展開していた。

社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ