富田林署、エロ動画に夢中で逃げられた…樋田容疑者監視中に禁止のスマホ

2018年12月14日6時13分  スポーツ報知

 大阪府警富田林署の逃走事件で、禁止されているスマートフォンを留置場に持ち込んでいた当時の留置担当者が、樋田淳也容疑者(30)=建造物等以外放火などの疑いで再逮捕=の逃走発覚までの間にアダルト動画を閲覧していたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、留置担当だった40代男性巡査部長は午後9時ごろから約40分間、内規で禁止されているスマホを持ち込み、アダルト動画や野球のニュースを見ていた。樋田容疑者は8月12日午後8時に弁護士との接見が終了。その後、署の接見室から逃走した。署員らがいなくなっていることに気付いたのは午後9時45分ごろだった。逃走当時、この巡査部長と警部補が2人ペアとなり、1人ずつ交代で“見張り”をしていた。府警は「巡査部長が携帯を所持していた場所は『留置場内』としか確認できていません。それ以上の詳しいことは分からない」としている。

 府警は10月、留置管理の不備により逃走を招いたとして、警部補や巡査部長ら7人を懲戒処分にした。巡査部長がスマホを持ち込んでニュースを見ていたことは明らかにしたが、アダルト動画の閲覧は公表していなかった。

 府警幹部は「スマートフォンを持ち込んだことが処分理由で、閲覧内容は関係ないとの判断だった」としている。

社会
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ