辺真一氏、韓国レーダー照射反論動画に「動画は『一発かましたろう』というカウンターパンチ」

2019年1月5日6時13分  スポーツ報知
  • 防衛省が12月21日に公開した写真(ロイター)

 韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題を巡り、韓国国防省は4日、韓国側の主張を発信する動画を公開した。先月28日に防衛省が公開した動画に反論するもので、BGMや効果音、字幕などを用いた異例の内容になっている。

 辺真一氏(コリア・レポート編集長)「動画は『一発かましたろう』というカウンターパンチです。両国とも、安全保障に関しては国民感情を考えても引くに引けない。2月22日に『竹島の日』、3月1日に『独立運動100周年記念日』の節目を控える中ですから泥沼化するかもしれません。火のないところに煙が立つわけもなく、レーダー照射は事実であるように思うのですが…。慰安婦、徴用工、竹島、そして今回と、日韓両国が同時期に4つもの問題を抱えた、かつてない状況と言えるのかもしれません」

社会
注目トピック