【新刊レビュー】不在

2018年9月18日11時55分  スポーツ報知
  • 彩瀬まる著「不在」

 ▼「不在」(彩瀬まる、KADOKAWA、1620円)

 主人公の漫画家・明日香は、疎遠だった元医師の父が死に、古い洋館を相続することに。だが、「明日香を除く親族は屋敷に立ち入らないこと」との不可解な遺言に戸惑いつつも、受け継ぐことを決めた。25年ぶりに足を踏み入れた錦野医院には、自分の知らない父の痕跡が―。繊細な筆致で喪失と再生を描いた長編。

BOOKセレクト
今日のスポーツ報知(東京版)