【三浦瑠麗Lullyのホンネ】働き方改革“阻止”だけの野党、実は稚拙

2018年3月4日12時0分  スポーツ報知
  • 三浦瑠麗さん

 安倍政権は今の国会において働き方改革関連法案に盛り込むはずだった裁量労働制の拡大を断念しました。裁量労働制の方が、従来の働き方よりも生産性が上がり労働時間が短くて済む、という主張の根拠とした、誤ったデータ比較が明るみに出たためです。

 総理のコメントからするに世論の理解が得られないというのが主要な理由のようです。

 政局論としては裁量労働制の拡大を引っ込めるべきというのは分かりますが、経済界からは失望の声が上がっています。一連の推移をどのように捉えるべきでしょうか。

 今回、裁量労働制を入れたらかえって労働時間が減るという主張を裏づけようとしたデータそのものが、違うものを比べており、適切ではなかったのが問題でした。

 それに対して野党は過労死やブラック労働批判を前面に出して批判を繰り広げたわけです。データ自体は根拠として出すのには間違っており、不誠実なばかりか格好悪いこと、この上ありません。厚生労働省の官僚の能力を疑わせるものであるともいえるでしょう。

 ただし、官僚機構は間違わない、という無謬(むびゅう)性神話は害悪でしかないので、そもそも間違えたなら素直に詫(わ)び、軌道修正すべきことは言うまでもありません。

 法案のこの部分の本来の趣旨に立ち戻れば、それは生産性アップが目的でした。過労死の問題はこれとは別に対策を講じなければならず、両方とも改革が必要です。日本では労使の交渉を政府が取り持つというやり方が好まれてきましたが、規制改革には、労使間の合意に加えて、合目的であることが求められます。どのように規制を変えれば、どのような変化が起きるのか、という科学的な分析は今後もっと必要になってくるでしょう。データとシミュレーションが大事になるゆえんです。

 ちなみに、今回政治的には勝利を収めたように見える野党の戦い方は、効果的に見えて実は稚拙なところがあります。「阻止」ではなく、より科学的な検討と修正協議を要求する方が政権に力も時間も割かせることができたはず。「止める!」というだけでは与野党対決として老獪(ろうかい)さに欠けるように思うのですが。

(国際政治学者)

社会コラム
  • 1
  • 2
注目トピック