150周年
 
 

報知新聞150周年 ~今をのこす、夢をつなぐ~

報知新聞は2022年に1872年の「郵便報知新聞」創刊以来150周年を迎えました。明治、大正、昭和初期と激動の時代を超え、1949年12月30日からはスポーツ紙に転換。以来、昭和、平成、令和と時を移し時代時代の「今」を伝え、スポーツ・エンターテインメントの「夢」を読者に届けています。
「今をのこす、夢をつなぐ」―。これからの報知新聞にもご期待ください。

スポーツ報知150周年事業

写真展「瞬間の記憶~創刊150周年スポーツ報知報道写真展」

7月16日(土)~31日(日)に東京都写真美術館で開催します。入場は無料。ここでしか見られない秘蔵写真151点と号外、新聞紙面を展示。報知新聞社所蔵の直筆サイン入りパネル、特大パネルもあります。また、特別企画として長嶋茂雄、松井秀喜、イチロー、羽生結弦など時代を象徴する紙面を、2.5メートルの特大タペストリーにして飾り、新聞の移り変わりもご覧いただける写真展になっています。
▼詳しい内容はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000194.000071317.html

元大関・琴奨菊(秀ノ山親方)トークショー8月6日(土)開催

8月6日(土)15:00から東京・墨田区の第一ホテル両国で元大関・琴奨菊(秀ノ山親方)によるトークショーを行います。会場参加は50名限定、その他オンライン参加もあります。会場参加者全員に「手形色紙」「ツーショット撮影」の特典があります。                
▼トークショーのお申し込みはこちら
https://kotoshogikutalk.peatix.com/

お問い合わせは報知新聞社事業部まで03・6831・2471(平日午前11時~午後5時)

▼詳しい内容はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000216.000071317.html

報知新聞150周年特設サイト開設

「郵便報知新聞」創刊以来の150年を当時の紙面を交え振り返る特設サイト。明治時代の貴重な紙面から大正、昭和、平成、令和と150年分の紙面の移り変わりも楽しめるサイトになっています。
▼150周年特設サイトはこちら
https://www.hochi.co.jp/150th/

月1特別連載スポーツ報知150周年「瞬間の記憶」

報知新聞社では創刊150周年ロゴを制定しました。 報知新聞社は1872年(明治5年)に「郵便報知新聞」として創刊以来150年、明治、大正、昭和、平成、令和と日本の「今」を報じ続けてきました。1949年(昭和24年)12月からはスポーツ・エンターテインメントの感動と笑顔を伝えるスポーツ紙として、「夢」を描くメディアであろうと紙齢を重ねて参りました。その足跡、これからの思いをロゴのキャッチフレーズに込めました。また、ロゴデザインは、150年間紙齢を重ねてきた新聞をイメージしたものになります。

ページトップ