報知新聞社 小史

平成 報知新聞社
スポーツ・文化
2年
(1990)
港区港南に東京本社新社屋完成。紙面の完全カラー化達成
礼宮さま、紀子さまご結婚
谷口浩美がロッテルダム・マラソンで初優勝
4年
(1992)
9月2日付けで紙齢4万号
8年
(1996)
インターネット・ホームページを開設
アトランタ五輪開催
巨人11.5差を大逆転「乱セ制す」
10年
(1998)
長野冬季五輪開催
11年
(1999)
球界の社会貢献活動優秀者を表彰する「ゴールデンスピリット賞」創設
巨人上原ルーキー20勝
12年
(2000)
「iモード」など携帯電話への情報提供サービスを開始
巨人6年ぶり日本一
高橋尚子シドニー五輪女子マラソン「金」
13年
(2001)
報知印刷社と合併
巨人長嶋監督勇退
20年
(2008)
大阪本社移転(大阪市野崎町)
巨人13ゲーム差を逆転してリーグV2
24年
(2012)
創刊140周年
ロンドン五輪開催
25年
(2013)
女性と趣味人をターゲットにした新紙面「L」がスタート
男子ゴルフの松山英樹がシーズン4勝、2億円越えでツアー初のルーキー賞金王を戴冠
26年
(2014)
「妖怪ウォッチ」特別号が発売され、特別号では過去最高の部数を獲得
ソチ五輪のフィギュアスケート男子シングルで、ショートプログラムで史上最高点となる101.45点をマークした羽生結弦が金メダルを獲得
28年
(2016)
野球、スポーツ、芸能、社会各ページの活字が一回り大きい「巨(メガ)文字」スタート
巨人・高橋由伸新監督が1年目の指揮
29年
(2017)
創刊145周年
3月にWBC開催
31年
(2019)
大阪発刊55周年、スポーツ紙70周年

ページトップ