報知新聞社 小史

明治 報知新聞社
スポーツ・文化
5年
(1872)
「郵便報知新聞」創刊。木版刷り半紙二つ折り9枚つづり。月5回発行で定価3銭
大相撲の女性、子供の見物が自由となる
6年
(1873)
活字印刷で日刊紙となる。発行2000部
開成学校で体操を天覧
10年
(1877)
西南の役起こり、犬養毅記者(後の首相)の「戦地直報」が人気
27年
(1894)
題字から「郵便」が消え「報知新聞」となる
下富坂に柔道の本山、講道館道場落成
30年
(1897)
編集局に「探偵部」を新設。現在の社会部の元祖
初のスポーツ雑誌「運動界」創刊
31年
(1898)
案内広告の先駆け「職業案内」欄創設。この欄の校正係り募集を見て羽仁もと子が入社、後に日本の婦人記者第1号となる
大阪歌舞伎座開場
初の軟式テニス試合、高等師範と高等商業学校の間で行われる
34年
(1901)
正月版に「20世紀の予言」を掲載。テレビや電化、自動車時代の到来など、数々の予言的中
慶応義塾対横浜外国人の初の国際ラグビー試合行われる
39年
(1906)
夕刊を本格的に発行。朝・夕刊8ページ。
帝国大学運動会で、藤井実が棒高跳び2m90cmの世界新記録

ページトップ